是日々酔どれ帳~今日も満腹、ああシアワセ~

食べること、呑むことが大好きな管理人が 美味しいもの、美味しいお店、そしてたまーに真面目なあれこれをつづります。

2017年11月 << >>

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive

Profile

秋月
Name:秋月
秋月
食べることと呑むことが生きがいの未来の職人。一年前、いろいろあれこれあった末、親指の腱鞘炎と診断される。持病は腱鞘炎と肩こり。
マッサージ行く度に「頭痛くなりませんか?」「気の毒になっちゃいますよ~」って言われる20代。


☆よく聴く音楽☆
Mr.childrenのあれこれ・・・最近だと 渇いたkiss ファスナーとか好き。
THE YELLOW MONKEYのあれこれ・・・楽園とかね。吉井ロビンソンさんのも好き。


☆愛する本達☆
基本的に渋好みかも(笑)
池波正太郎さんとか、柴田錬三郎さんとか・・・高校~大学時代に散々読んだなぁ。ぉまいは幾つだよw
菊地秀行さん「魔界都市ブルース①~⑨」←古いもの程面白い(笑)最近のはイ                    マイチw
福田恒存さんの著作、森茉莉さんのエッセイ、などなど。
最近頭使うの面倒くさくて、エッセイばっかり読んでますな。





Link

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.05.06 Sat足利フラワーパークに行ってきました。

200605062357302


20060506235730


周囲の口コミによる評判ハナマルの藤の名所にて

『足利フラワーパーク』といいますが、実際の最寄り駅は両毛線の 富田駅です。

お天気に恵まれたのは幸いなのですが、陽射しが強く、夏のようで、見事に日焼けしてしまいました
園内には、300本近い藤の花が植えられているとか。藤と一口にいっても色とりどり、様々な種類があるもんですねぇ。

紫色の藤は今がまさに満開。白いのは充分見ごろでしたが、満開まではもう数日といったところ。

黄色いのは、まだ一房、二房咲き始めたばかり。満開まではしばらくかかりそうでした。
種類によって、少しずつ開花する時期がずれているので、家が近所なら日を置いて何度か足を運んでも楽しめそうです
藤棚の下に佇んでいると、藤のあま~い香りに包まれて、癒されましたよ。

藤だけではなくて、鮮やかなツツジも盛りでした。
機会があれば一度はご覧になると。゜+.(・∀・)゜+.゜イイと思いますよ。
スポンサーサイト

2006.03.11 Satビバ!イチゴ狩り( ̄∀ ̄)

突然ですが、千葉県成東町で開催された「いちご狩りハイキング」なるものに参加してきました(´∀`*)ウフフ

イチゴといえば栃木県!というイメージですよね?
意外や意外、千葉県でも結構イチゴが栽培されているらしく、
成東町(なるとうまち、と読みます)ではイチゴ狩りの出来る農園が駅近くにいくつもあることを、今回初めて知りましたよ~。

→→成東町イチゴ狩り情報→クリック

今回はハイキングってことで、JR総武線成東駅には、かなりたくさんの人が集まっていました。朝8時から12時までの間に集合して、各自出発するという形式でした。
健康の為に、ひたすらせっせと歩くおぢちゃんもいれば、のんびりまったりのファミリーもあり。
おいらはもちろん

「格安イチゴ食べ放題

( ̄¬ ̄*)じゅるぅ


ええ、そうです、イチゴの為に参加したようなもんです(笑

途中でつみれ汁を御馳走になれる箇所があったんですが、
1000人分作ってあったのが、すっからかんになったようでしたよ。
10時半頃に駅に着いたおいらは、なんとかギリギリありつけましたけどね。

2時間ほど歩いてお腹がぺっこぺこになったとこで、
マルキ苺園に行きました。

こちらでは、ハウス別に3種類の苺を栽培していて、
どのハウスも入り放題、3種類食べ比べし放題でした♪
ウマ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !20060312213011


練乳を貰えるんですけど、
苺自体がすーーっごく甘くて、
必要ないくらいでしたよ♪

苺って、ちゃんと種類ごとに味が違うんですねぇ。
当たり前かもしれないですが、
実感できる機会ってなかなかないもんです(笑

何個食べたかなぁ~(笑
同行したAさんが
「あれが美味しそうだよ」
「これもいい形してるし、真っ赤だよ」
指さすもんだから、いい気になったおいら。
薦められるまま、ひたすら食べましたよ、ええw
((( *-д- )=3ハァハァ 

美味しかったですが、苺で水分とりすぎたせいか、
体がむくみました(爆
何十個食べたか・・・(笑

2005.09.30 Fri最近好きな曲

バイトから帰りました。
今日はCDとDVDの棚卸をしたのですが、
在庫チェックをするのに、
棚を漁りながら立ったりしゃがんだりするでしょう?
立つだびに貧血起こって、長時間座った後急に立ったりなんかしたら、
暫く棚に寄りかかって動けなかったり(;´Д`)

CD売り場にいるもので、ガンガン有線だのサンプルのCDが店内にかかっているのを聴く機会に恵まれているのですが、
槇原敬之さんがカバーアルバム出したでしょう?
あれに入ってる宇多田ヒカルさんの「traveling」 、
すごーーーく(・∀・)イイ!!

おいらは一枚も宇多田さんのCD持っていませんので、こう、TVやらラジオで聞きかじったくらいしか彼女を知りませんけれど、
「traveling」に関しては槇原さんヴァージョンの方が好きですわ。
いろいろな曲が順繰り店内に響くのですけれど、槇原さんの声が待ち遠しい今日この頃です(。-_-。)ぽっ

それから愛しのミスチルの曲が流れる頻度が高いのも嬉しい
当然に、入荷日に「IYOU」は買いました。
「四次元」収録曲を除けば、
「Worlds end」 「隔たり」が大好き♪

火曜日にラジオを聴いていたら、(勿論ミスチルが出ると知っていて待ち構えていたのだけどもw)彼らのHPに「隔たり」がエロすぎ!なんていう書き込みがあったと言っていた。

確かに、曲のテーマはセクシュアルだし、詞を読めば男女の係わり合いに関する随分ストレートなものだけれども、
素直に耳を傾ければ、凄く繊細で、どことなく重苦しくて切ない陰影が胸に染みるてくる。
曲自体、冬の湖みたいな、深くて澄んだバラードだしね。
ちなみに「四次元」収録曲では「ランニングハイ」が一番好きさぁ♪

2005.08.16 Tue「裕仁天皇の昭和史」山本七平著

終戦記念日、様々な式典が行われたそうですが、
TVなんかつけた日にゃ、胸糞悪くなることが眼に見えていましたので、
大人しく読書などをしておりました。

「裕仁天皇の昭和史」の初版発行が平成元年の二月。
著者が是を書き上げたのと、先帝の崩御遊ばしたのとほぼ時期を同じゅうするといいます。

「木戸日記」や「昭和天皇独白録」を読んだ時もそうだったのですが、
日本はあの激動の時代に、近代世界史上にも稀な賢帝に恵まれたものだと思うのです。

「近代世界史上にも稀な」と言っておきながら、実は私はそんなに世界史に詳しくはなかったりしますが、
例えば「立憲君主制」上の君主が、次第にその制限を踏み越えて権限を拡大しようと図り、議会と衝突することは歴史上幾度もありました。

ところが昭和帝は、あくまで天皇とは憲法の枠組みの中の存在であると自己を規定し、御自身の御意見が通らず、例え不満が残ろうとも、最終的には議会の決定に従いました。

 地位の高い人ほど、権威のある人ほど、相応の権力を求めたがるのが人間の性であるにもかかわらず、それをせずに、あくまで「立憲君主」であること首尾一貫して通された意志力は、それだけで尊敬に値すると思うのです。

2005.08.06 Satロックインジャパンフェス行っちゃいました!

八月六日、茨城の海浜公園に行ってきました~。
いいお天気で何より。
往路では水戸線、常磐線に大幅な乱れがあって
どうなることやらと思いましたが、予定通りに動けましたわ。

夏フェスは初めて。
ライブ自体殆ど行ったことありません。
でも、六日のタイムテーブルを見て、
ホントに頑張ってチケット取りました。

お目当ては夜19時からの
Mr.children
(ノ´∀`*)。


保冷バッグにペットボトルを4本詰めて行きましたが暑かった~。

会場入り口で通行証代わりのオレンジ色のバンドを貰って、
手首に留めただけで、わくわくわくわく。

一緒に行った知人は鳥肌立てて興奮してました♪

フォレスト・ステージにて。
小林武さんが
キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

それが一番初めの大興奮。
ステージに立ったのは「Salyu」
小林武さんがプロデュースということで、
知人を無理やり引っ張って、
もう「紫外線なんか怖くないやい(*゚д゚)キー!! 」ってな勢いで、太陽ギラギラな前の方で見ちゃいました。
Saiyu可愛いっ!

顔が美人てわけじゃないけれど、すごーーく楽しそうに、のびのび歌っていて、見ていてこっちもニコニコしてしまいました。
全身から音を出してるみたいな歌い方が大好き。

それから、「Singer songer」 。
一番大きなステージで歌ったのですが、
Coccoはとっても華奢で、心配しちゃうくらい(汗
でも、いい仲間達に恵まれてるんだろうね。
幸せそうに話して、笑っていたのが印象的でした。
この人は話すためじゃなくて、歌うために喉や声や、言語を与えられたんじゃないかな、なんて思うくらい、
人の心に響く歌を歌う。

そして、ミスチル
何だか、櫻井さんの小さな姿を追っているだけで幸せだった。
最初に「終わりなき旅」が来るとは全然予想していなかったから、
イントロ聴いただけで「おおお!」
って鳥肌立っちゃった。

田原さんや、中川さんや、鈴木さんの演奏は、
ディスクで何万回も聴いているから。
どの音聴いても懐かしさを感じるのね。
たいした年数を生きてはいないけれど、
殆ど私の半生を一緒に歩いてきた音楽なんだから、
染み付いてるんだ。

「ランニングハイ」「I'll be」「HERO」「雨のち晴れ」

大好きな曲達が聴けたし。
「雨のち晴れ」の歌詞を大分忘れてることが判明して、
ちょっと Σ(゚д゚lll)ガーンだったけどw

最後の最後に、イノセントワールド、
打ち上げ花火で、宝石箱みたいな一夜の最後は締めくくられました。


一緒に行ってくれた知人も、楽しんでくれたみたいでほっとした。
私がミスチル見たいが為に計画したようなもんだったから。
お金と時間に余裕があればだけど、
また来たいぞ~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。