是日々酔どれ帳~今日も満腹、ああシアワセ~

食べること、呑むことが大好きな管理人が 美味しいもの、美味しいお店、そしてたまーに真面目なあれこれをつづります。

2017年11月 << >>

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive

Profile

秋月
Name:秋月
秋月
食べることと呑むことが生きがいの未来の職人。一年前、いろいろあれこれあった末、親指の腱鞘炎と診断される。持病は腱鞘炎と肩こり。
マッサージ行く度に「頭痛くなりませんか?」「気の毒になっちゃいますよ~」って言われる20代。


☆よく聴く音楽☆
Mr.childrenのあれこれ・・・最近だと 渇いたkiss ファスナーとか好き。
THE YELLOW MONKEYのあれこれ・・・楽園とかね。吉井ロビンソンさんのも好き。


☆愛する本達☆
基本的に渋好みかも(笑)
池波正太郎さんとか、柴田錬三郎さんとか・・・高校~大学時代に散々読んだなぁ。ぉまいは幾つだよw
菊地秀行さん「魔界都市ブルース①~⑨」←古いもの程面白い(笑)最近のはイ                    マイチw
福田恒存さんの著作、森茉莉さんのエッセイ、などなど。
最近頭使うの面倒くさくて、エッセイばっかり読んでますな。





Link

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.21 Friロシアに機密漏らす、東芝子会社元社員見返り100万

ロシアに機密漏らす、東芝子会社元社員見返り100万

yahoo記事からです。
スパイなんて映画の世界だけだと思っていた平和な人たちだって、
北朝鮮の日本人や日本に対する行為を知り、
学習したと思うのにね。

実際、日本には各国からのスパイが多数存在しているんだし。
日本ほどスパイに対して甘い国ってないよ?
だって、今回だって捕まったのはスパイに情報を流した日本人であって、スパイじゃないんだし。

スパイに情報流した方が捕まるのは当然だけど。
当然、スパイに対しても何らかの刑を科してしかるべきだと思うけど。

何故なら、スパイ行為を野放しにするのは、明らかに国家的損失なんだから。

確かに今回は、国家にではなくて企業に対するスパイ行為だ。
でもね、日本は「技術大国」なんだ。
資源はない、食料もない。
小さな面積の中に、絶対に食料の自給のおいつくはずがない人口がひしめき合っている。
農作物や自然界の資源を輸出することは不可能。
日本にはね、「技術」「頭脳」しかないんだ。

だから、「技術」や「人材」の漏洩は死活問題だと言っていい。
この東芝の社員の自覚のなさも問題だけど。
日本人全体がね、「技術」や「人材」がどれだけ重要な「財産」であるか、自覚しないといけないと思うよ。
我々が世界に認めてもらうための、数少ない財産。

スポンサーサイト

2005.09.08 Thuアメリカの台風被害について

今更っちゃ今更かもしれませんが、ハリケーンの話題。
アメリカ政府が国連の支援を受けることを決めたそうです。
寝るときと喰う時以外は仕事しているもので、
人からの又聞きでないニュースを久々に見ているわけですが。

ざっとニュースに眼を通したのですが、
このハリケーンは思いもよらず、アメリカの内実の脆弱さを見せ付ける役を果たしてしまったんですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050905-00000006-san-int

所謂人種間の対立、差別。
汚染水による感染症の拡大。
かつてない死傷者。
放置された死体、飢えに苦しむ住民、略奪や暴行が横行する市街地。


などなど。

「強いアメリカ」「(例えば災害対策に関しても)世界をリードする指導的役割を果たすアメリカ」「自由と民主主義の国」

といった自信がアメリカを作っているにも関わらず、
アメリカ市民達が自信を喪失しつつあるという。
自信を喪失すれば、自分達の行為に関し、懐疑が生まれる。
懐疑は、国民の(政府に都合のよい)統制を難しくする。

ブッシュ大統領を初めとする政府は、
やっきになって自信を取り戻させようとするだろう。そのために周囲の迷惑を顧みないのが「アメリカ」のやり方だ。

さて、お手並み拝見と行きますか。

2005.08.05 Fri旧陸軍少佐ら、大江健三郎氏を提訴…集団自決巡り

旧陸軍少佐ら、大江健三郎氏を提訴…集団自決巡り

沖縄は激戦地として有名で、先の大戦で何かというと
『ヒロシマ』『ナガサキ』『オキナワ』
が話題に上る。

大体現地の人々と言えば、
『被害者』の立場で登場し、人々の同情をかってきたわけである。

旧日本軍関係者といえば、戦後はまったく『極悪人』『罪人』扱いであった。現代の我々から見れば矛盾していたり、強引だったりしている部分はあるとしても、彼らなりに『家族』『愛する人』そしてそれらを縫合した『御国』の為にと命がけで戦った人人だというのに。

そして、そういう旧日本軍の軍人達を『殺人者』『極悪非道』な立場として描く著作を簡単に鵜呑みにしてしまう風潮があったことは事実である。
そういった中で、この半世紀以上の間、彼らなりの正義、道理をもってことに当たった旧日本軍の方々がどんなに肩身の狭い思いをし、言葉に出せない憤りや悔しさに耐えてきたか。
 平成の世にあって、1人、1人と真実を知る人人、当事者達がこの世から姿をけしつつある中、老骨を鞭打って名誉回復に立ち上がった方々に敬意を表します。

→→溶解する日本

yahoo記事に記載されていないことも書いてあるので、↑の記事は参考になります。

2005.07.23 Sat暴走族が高年齢化――珍走族とお呼び!

妻子連れ参加も?暴走族OB、全国で200グループ
上半期の暴走族摘発、2割減=小集団化、高年齢化進む-警察庁

若者の暴走族は減少傾向にあるというのに、いい年のオッサンが暴走行為ですってよ?
オマケに妻子連れですってよ?

みっともねぇ~(ノェ)コッソリ

おいらはまだ20年そこそこしか生きていませんが、
今まででどの時代が一番よかった?って訊かれたら、コンマ1秒で
「今に決まってるじゃない?」と答えます。

誰に後ろ指指されようが、友達も恋人もいなかろうが、
お金がなかろうが過労死寸前だろうが、
「今が一番!」
と言える生き方を「している」のだと、
やせ我慢してでも、自分に言い聞かせてでも言いたいのです。

そういう意地と見栄を張る人間から見れば、
いい年になってガキの時分の愚行を、
「若気の至り」と苦笑いするでも恥じ入るのでもなくそこに逆行しようというのは、その人が暴走行為から足を洗って以来、
「今が一番充実している」
と言えるような生き方をしてないってことでしょう?

不満たらたら、未練たらたらってことでしょう?
「暴走」以上に価値ある行為を見つけていないってことでしょう?

図体はゴリッパ、顔はオッサン、オバサンで心は思春期なんて・・・。

・・・みっともねぇ(ノェ)コッソリ

そんなみっともない彼らの為にあるようなサイトを発見!( ̄m ̄〃)。
→→クリック
かなりウケましたw

2005.07.16 Sat結城紬について~まことしやかな噂話~

結城紬に関して、「重要無形文化財」証紙が要件に満たされていない製品にも添付されていたと、大手マスコミが報道し、地元ではまさに晴天の霹靂で対応に四苦八苦しています。

 さて、この報道に関して地元で流れている「噂」を1つ。
              →→→旧日記へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。