是日々酔どれ帳~今日も満腹、ああシアワセ~

食べること、呑むことが大好きな管理人が 美味しいもの、美味しいお店、そしてたまーに真面目なあれこれをつづります。

2005年12月 << >>

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive

Profile

秋月
Name:秋月
秋月
食べることと呑むことが生きがいの未来の職人。一年前、いろいろあれこれあった末、親指の腱鞘炎と診断される。持病は腱鞘炎と肩こり。
マッサージ行く度に「頭痛くなりませんか?」「気の毒になっちゃいますよ~」って言われる20代。


☆よく聴く音楽☆
Mr.childrenのあれこれ・・・最近だと 渇いたkiss ファスナーとか好き。
THE YELLOW MONKEYのあれこれ・・・楽園とかね。吉井ロビンソンさんのも好き。


☆愛する本達☆
基本的に渋好みかも(笑)
池波正太郎さんとか、柴田錬三郎さんとか・・・高校~大学時代に散々読んだなぁ。ぉまいは幾つだよw
菊地秀行さん「魔界都市ブルース①~⑨」←古いもの程面白い(笑)最近のはイ                    マイチw
福田恒存さんの著作、森茉莉さんのエッセイ、などなど。
最近頭使うの面倒くさくて、エッセイばっかり読んでますな。





Link

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.12.30 Friちょびっとだけ帰省しました

20060102004206


帰省先から、徒歩で行くにはちぃとばかり遠いですが、
自動車ならまぁ、そんなに行くのに手間取らないところに、
レストランがあります。

この町の農家の人たちや畜産家の方々が
直売所を開いていて、その一角がレストランになっているのです。

そのレストランの外には小さな牧場があります。
そこにのっそり佇んでいたポニー君です(´∀`*)ウフフ
同行した妹いわく、
彼女が依然来た時には これまた可愛らしい豚さんもいたとのこと。
お店のパンフにも確かに豚さんが写っている・・・。

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
しかし、おいらが見る限り、その姿は見えない。

ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン


ましゃか・・・ここの豚さんは食用!?

謎謎謎・・・ドキドキです。
スポンサーサイト

2005.12.24 Sat忘れられないイブですがな

えー、数日前から右下の歯茎が膿んでしまい、炎症起こして痛いこと痛いこと(゚ーÅ) ホロリ

歯科医の下へ参上すると、
歯を一本抜かないといかんとのこと。
で、いつその抜歯をしようかという話になりまして、
今年中にすっきりさっぱりカタをつけたれ!
と心に決めて、24日の午後3時半に予約を入れました(;´∀`) 。

午後3時まで昼の仕事をして、
いざ出撃~。

何が痛いって、麻酔が痛かった(ノェ)コッソリ
針を刺すだけに止まらず、

グリグリグリグリ~

って何かねじり込むんだもん ・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン

抜くのは痛くもなんともなかった・・・ってか右半分の口内~頬にかけて全然感覚無かった。

で、抜いた後もしばらくは麻酔が効いてて、
感覚ないままなのねん。

唾液がね、気がついたら口からつ~って溢れてたりして、
びっくりした(;´∀`)
家に着いた頃・・・大体歯科医院を出て30分くらい経った頃から、
次第に麻酔が切れ始めて、
痛みが湧いてきたんだわ。

実は、18時からバイトがあったりして

(ノェ)コッソリ


ホントに、仕事になるんか?おいら・・・って思ったよ。
だって、布団に入って起き上がれなかったもん。
痛くて痛くて。

痛いのを何とかしないと始まらないから、
無理やり鎮痛剤飲んで。
それも胃になんも入っていないと胃を荒らすから、
ウィダーインゼリーみたいなのを買ってきて、
先端の突き出てる部分を口の奥に突っ込んで、
患部に液体が当たらないようにして飲み込んで。
せいぜい2口か3口しか飲めなかったけど。
胃にまぁ、気休め程度にモノを入れて、
水なしで薬飲んださ。

バイトしてる間中、
口の中血の味なのねヽ(;´Д`)ノ オマケに麻酔切れていないから、舌の回り悪いしね。
無理やり飲んだ鎮痛剤が、どうやらこうやら効いてくれたのが救いでね。

ホント、よー仕事したわw

絶対忘れられないクリスマスイブになりました(*´д`*)ハァハァ

2005.12.16 Friうたううあ

20051216013610


本日購入したCD。
「うたううあ」
クリック→→ 「うたううあ」

これね、聴いた事ないんだけど、
バイト先で一目見て以来、気になってたんだよね。
おいらは倖せなことに、音楽が割りと日常にある生活をしているけれど、このCDにあるような、素朴で、あんまりお馴染みすぎて距離が離れてしまっている唄ってあるよね

出来るなら傍に存在して欲しいけれど、
普通の、どこかの合唱団が歌っている様な童謡集を買うのも今更って感じだし。
でもこれなら、って思った。

誰でも知っている唄が殆どだし。
ゆりかごから墓場まで(違w)楽しめる一枚なんじゃないかな?
聴くのが楽しみ~(´∀`*)ウフフ

ちなみに画像は唄とはなんの関係もないです(笑
某氏の足♪
二枚履き靴下があんまり可愛らしかったので載せてしまいましたww。

2005.12.12 MonALWAYS 三丁目の夕日

先週くらいから また右の親指の付け根が腫れ出した。腕を動かすと重い。
 お馴染みの接骨院に行くと、疲労の蓄積が原因とのこと。

腱鞘炎が再発したかな、とヒヤッとしたが、まだその手前で済んでいる。一番酷かった時の、あの不自由さはもう勘弁だから(汗。

接骨院の待合室や治療室には雑誌やマンガ本が置いてある。
そこで、
「三丁目の夕日」

を発見し、思わず手に取った。
治療には一回40分くらいはかかるので、充分漫画一冊は読める。

おいらは公開されている映画版「ALWAYS 三丁目の夕日」を、ちょっと前に観ている。

久々に映画で泣いたかも。
泣いたって言っても、おもむろにハンカチを取り出して目元を拭ったりしないし、すすり上げたりしゃくりあげたりもしないから、
一緒に観た奴はおいらが暴露するまで、泣いていることに気づかなかったらしい(笑)

頬をだーっと涙が伝っても、目に涙が溜まって視界がぼやけても、放って置くのさ。

役者さんでおいらが気に入ったのは、
古行淳之介役の少年。あの子はいい味のある子役だねぇ。

後は、薬師丸ひろ子さんと、六ちゃん役の子。
六ちゃん役の女の子は可愛らしくて、ちょっと野暮ったさもあって、見てて微笑ましかった。

 顔立ちはすごく整っているから、きっと現代風のお化粧なんてしたらホントに綺麗に化けるんだろうけど。
 できれば後々のTVドラマなんかで、そんな姿をお目にかからないまま記憶に残しておきたいなぁ~。

ありがちな展開、登場人物達はどこにでも居そうな人たちばかりだけども、
この映画を作った人たちが何を描きたかったかがしっかりしているから、多少の臭さがあってもストンと物語に入り込んでいけるし、その描いていることっていうのが日本人の心の根っこみたいなところに対して コツコツノックをする。

おいらは残念ながら映画に描かれている時代を知らないけれど、何故か「懐かしさ」を覚える。
田舎育ちなせいかなぁ?

接骨院に行って、漫画を手に取るのが楽しみな今日この頃w

2005.12.12 Monバイト先にて

えー、8月を持ちましてファミレスのバイトから足を洗いまして、
現在はCD、DVD、ゲーム売り場を担当する店員でゴザイマス。

深夜23時頃でございましたが、
1人の女性のお客様がいらっしゃいました。
最近出たショーン・ポールのアルバムをお求めでした。

彼女は白い紙に、【ショーンポール トリニティ】というメモをカウンターに差し出そうとしました。
 ところがその女性は車椅子の方だったのですね。

カウンターがね、高いの。
つくづく感じたよ。

 第一目線のね、もって行き場がないの。
明らか~に思いっきり見下ろしてしまうでない?(;´Д`)お客様を。

おいらはレジカウンターから出てね、紙を受け取ってCDの現物をお客さんの所に持っていって、
「こちらでよろしいですか?」
って確認した。

お会計もね、お客さんの手がカウンターに届くわけ無いじゃない?
届いたとしても、お客様の頭上のほうから差し出すって、なんだか嫌だし。
やっぱりカウンターから出て、お金を入れるトレイをお客さんの傍の低い台みたいなとこに持っていって。

商品渡してレジ打って、お釣り渡して行ったり来たり。
なんかやり取りがあるたび、カウンターから出たり入ったり 出たり入ったり。
ε=ε=ε=ε=ε=(。・ω・)。

「どうもありがとう。お世話様でした」
って、お客さんがニコニコしてくれたから嫌じゃなかったけど。
ヽ( ̄▽ ̄ )ノ

でも、バリアフリーとか言われてる時代じゃない?
あれ、なんとかならないものかと思ったよ。

車椅子のお客様や、背の低いお客様を、あんまりあからさまに見下ろさなくて済むカウンターが必要なんじゃないかなぁ。

2005.12.08 Thuジェームス・ブラント

お金がないお金がないといいながら、
CDを衝動買いしてしまいました⊂⌒~⊃*。Д。)-з。

おいらの本業は布を織ること(我々は機【はた】を織るというのですけど)ですが、
9月以来、おいらはず~っと同じ機にかかりきりになっています。
布の全面に柄があるので、それをコツコツ細い針であわせながら織っていくわけです。

今のバイトを始めて以来、確かにおいらの仕事の時間は減りました。
バイトのある日、平均週4~5回程度かな。18時からバイトに入るためには、17時定時でダッシュで帰らないと間に合わないから。
でも、8時間は最低仕事している。
バイトがなければ、9時間以上は機を織っている。

11月中旬頃から、お店の奥さんに、
「今の機は、随分時間がかかっているねぇ」
といわれ始めた。
「あとどのくらいで終わるの?」
その時、期間は答えなかったけども、後どのくらい織れば終わるか答えたはずなのに、
一週間経つか経たないうちに、また同じことを言われた。

自分でも、遅いことはわかってるんだけど。
今まで一反、2ヶ月かからないで織っていたから。
時間を長く織れば、そりゃたくさん織れるのはわかっているんだけど、
夜は夜で働かないといけないんだから、無理だし。
以前、「機を織る方が本業なんだから、おろそかにならないように」みたいに言われたけども、実際おいらはバイトで食ってるのが現実。
9月から、本業じゃ3ヶ月も収入ないに等しいんですぜ?

でもって、今日もやっぱり、帰り際に同じことを聞かれた。
遅いことを責められてるのはわかるんだけども、
急かす方の気持ちもわからないでもないけど。
どうにもならないことを責められても、途方に暮れてしまう。

バイトしながらも、なんとなく癒されたい気持ちになって、
ジェイムス・ブラントの「バック・トゥ・ベッドラム」を買ってしまいました。

ラジオでこの人の歌声を聞いたんですが、落ち着いた感じで、叙情的な声で、ちょっとマルーン5っぽくて、気になっていたんですよね。

最近、仕事先に限らず、確かに正論なんだけども、言われた方はどうにも途方に暮れてしまう言葉にぶつかることが続いた。
「ああ、やっぱりわかってくれないんだな」 

なんて、落ち込むこともあったので、音楽聴いてちょっと心にゆとりをもちたいなぁ~と思います。

2005.12.05 Mon圧力鍋を買ったのだぁ♪

文字色本日、2990円で圧力鍋をげ~~~っと!

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

ちなみに直径26センチ。
中に金属の網をセットすれば蒸し器にもなります♪
アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

直径26センチ、今日行ったお店のなかでは一番大きい品。

値段的にもお得だし♪
さぁて、なにをつくるかなぁ~。

2005.12.04 Sun某Aさんの記事を読んで

某Aさんのサイトから。
------------------------------------------------------------------------
キリマンジャロは最高6007㍍、雪に覆われた山で、アフリカの最高峰と言われている。
その西の山頂は、マサイ語で”ヌガイエ・ヌガイ”、神の家と呼ばれているが、
その近くに、干からびて凍りついた、一頭の豹の屍が横たわっている。
それほど高いところで、豹が何を求めていたのか、説明し得た者は一人もいない。
------------------------------------------------------------------------
上記の文を読んでくれた方、あなたはこの豹が何を求めていたと思いますか?もしくは……何を感じましたか?


とありました。
【キリマンジャロの雪】(著者:ヘミングウェイ)の一部分に関してだそうで。
不肖ワタクシ、ヘミングウェイの作品は一編も読んだことはございませんが。

上記の文だけ読んだかぎりの感想を一筆啓上。

今となっては屍骸となっている豹が、6000米を超える地にたどり着くことによって得たものは何か。

それは己れ以外の仲間、天敵からの開放。
そして、その他の生物すら殆ど存在しない世界。
即ち孤独。

エライ奴は高いところが好き、というけれど、
キリマンジャロ山頂は神の家と呼ばれているという。
この山頂に上り詰めることによって、
一匹の豹は、遥か天空から地上を見下ろす神の視点を得た。

おいらは、この豹を文字通りの「豹」とは考えずに、
やはり豹に比喩された人間と見た。

この豹は、地上の煩わしさから逃れようとしたのかもしれない。
一匹になれる場所を求めたのかもしれない。

もしくは、神の視点に憧れたのかもしれない。
「あの高い山から、下界を見下ろしてみたい」
その憧れが高まり、抑えきれなくなったのか。

おいらがぱっと想像したのがこの二点でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。