是日々酔どれ帳~今日も満腹、ああシアワセ~

食べること、呑むことが大好きな管理人が 美味しいもの、美味しいお店、そしてたまーに真面目なあれこれをつづります。

2017年06月 << >>

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive

Profile

秋月
Name:秋月
秋月
食べることと呑むことが生きがいの未来の職人。一年前、いろいろあれこれあった末、親指の腱鞘炎と診断される。持病は腱鞘炎と肩こり。
マッサージ行く度に「頭痛くなりませんか?」「気の毒になっちゃいますよ~」って言われる20代。


☆よく聴く音楽☆
Mr.childrenのあれこれ・・・最近だと 渇いたkiss ファスナーとか好き。
THE YELLOW MONKEYのあれこれ・・・楽園とかね。吉井ロビンソンさんのも好き。


☆愛する本達☆
基本的に渋好みかも(笑)
池波正太郎さんとか、柴田錬三郎さんとか・・・高校~大学時代に散々読んだなぁ。ぉまいは幾つだよw
菊地秀行さん「魔界都市ブルース①~⑨」←古いもの程面白い(笑)最近のはイ                    マイチw
福田恒存さんの著作、森茉莉さんのエッセイ、などなど。
最近頭使うの面倒くさくて、エッセイばっかり読んでますな。





Link

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.07.23 Sat暴走族が高年齢化――珍走族とお呼び!

妻子連れ参加も?暴走族OB、全国で200グループ
上半期の暴走族摘発、2割減=小集団化、高年齢化進む-警察庁

若者の暴走族は減少傾向にあるというのに、いい年のオッサンが暴走行為ですってよ?
オマケに妻子連れですってよ?

みっともねぇ~(ノェ)コッソリ

おいらはまだ20年そこそこしか生きていませんが、
今まででどの時代が一番よかった?って訊かれたら、コンマ1秒で
「今に決まってるじゃない?」と答えます。

誰に後ろ指指されようが、友達も恋人もいなかろうが、
お金がなかろうが過労死寸前だろうが、
「今が一番!」
と言える生き方を「している」のだと、
やせ我慢してでも、自分に言い聞かせてでも言いたいのです。

そういう意地と見栄を張る人間から見れば、
いい年になってガキの時分の愚行を、
「若気の至り」と苦笑いするでも恥じ入るのでもなくそこに逆行しようというのは、その人が暴走行為から足を洗って以来、
「今が一番充実している」
と言えるような生き方をしてないってことでしょう?

不満たらたら、未練たらたらってことでしょう?
「暴走」以上に価値ある行為を見つけていないってことでしょう?

図体はゴリッパ、顔はオッサン、オバサンで心は思春期なんて・・・。

・・・みっともねぇ(ノェ)コッソリ

そんなみっともない彼らの為にあるようなサイトを発見!( ̄m ̄〃)。
→→クリック
かなりウケましたw
スポンサーサイト

2005-07.24 Sunスーパーpsy野神

人間という生き物は、結局その”時代背景”にそって成長する生き物なのでしょう。だから、”戦後”まもなく生まれた人は、若い時に様々な”苦労”をしているから老けるのも早く、”30代”ですでに”オジサン””オバサン”が、今の”30代”の人は、生まれた時に既に”好景気”の絶頂で、豊な時代に育った為老けるのも遅く、30過ぎても”大人”になりきれない人も結構いるのでしょう。そして、若い頃に”暴走族”に入っていた連中も然り! その時の”余韻”から未だに抜け切れていないのでしょう。だから、再び”暴走族”を結成してしまうのでしょう。

その点、今の若者に”暴走族”が少ないのは、既に”暴走族”の時代ではなく、むしろ”チーマー”と呼ばれる連中に獲って代わられてしまった世代ですから、今後彼らが成長した時も、同じように”おやじ狩り”をやり続ける、何て事もあるのではないでしょうか? ”30代~40代”の”暴走行為”も問題ですけど、”30代~40代”による”おやじ狩り”なんて起こるようになったら・・・それこそ”本末転倒”でしょうなぁ(汗)
Date:10:08,  EDIT 

2005-07.25 Mon秋月

時代背景に沿って成長する・・・我々は時代というものの影響下に置かれているということは確かです。
 しかし、人間の老け方・・・というよりは年のとり方というものは、千差万別であると思います。
外見の「老け方」は食糧事情だとかが関わってくるでしょうけれど、
精神の方はどうなのか。
若いときの苦労が、その後の生き方をより逞しく生き生きさせることもあるでしょうし、
豊かな社会が人の精神を病ませることもあるわけです。
幾つになっても瑞々しい精神をお持ちの方が私は大好きですが、
いい年こいて幼稚な精神の持ち主は非常に見苦しい。

自分も「おやじ」と呼ばれるようになってまで「おやじ狩り」なんて、
傍から見ていればなんとも見苦しく、惨めですよね。
30代には30代の、40代には40代に相応な精神や、社会通念上当然あるべき姿というのがあるわけですが、
いい年のおぢさんたちや、おばさんたち、果ては年寄りたちまで、
若者に迎合しるぎると思う今日この頃ですが・・・。
中年男性が、若者の流行歌を知らないことがどうして恥なのか。
いい年のおばさんが、若者の造語やおかしな日本語を恥ずかしげもなく何故使えるのか。
年よりには年寄りの文化があっていいわけで。
一億三千万、総『思春期』化の傾向なんて、考えるだに恐ろしいんですけどねぇ・・・。
Date:02:59,  EDIT 

2005-07.31 Sunスーパーpsy野神

そうです。その日と各々の”世代”独特の”文化””価値観”というものが当然ある訳ですから、それをいつまでも守り続ける事は恥ずかしい事でも何でもありません。むしろ、誇らしい事かと思います。変に”若者文化”に迎合する必要は無いと思います。むしろ、”若者文化”で「これはおかしい!」と思うものは素直に”否定”すべきです。でも、今の30代以上の人はあえてそれを”否定”しないんですよね。僕なんか”否定”しまくりですけどね。

例えば、”音楽”で言えばブルーハーツなんて何故か日本中の誰からも愛されているかのような扱われ方をしていますが、おそらく彼らに対して本気で「大嫌い!」と言えるのは日本中探しても僕だけなのでしょう(笑) まぁ、それ以前に人それぞれ”価値観”の違いもあるのでなんともいえませんが(汗)
Date:11:01,  EDIT 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。