是日々酔どれ帳~今日も満腹、ああシアワセ~

食べること、呑むことが大好きな管理人が 美味しいもの、美味しいお店、そしてたまーに真面目なあれこれをつづります。

2017年06月 << >>

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive

Profile

秋月
Name:秋月
秋月
食べることと呑むことが生きがいの未来の職人。一年前、いろいろあれこれあった末、親指の腱鞘炎と診断される。持病は腱鞘炎と肩こり。
マッサージ行く度に「頭痛くなりませんか?」「気の毒になっちゃいますよ~」って言われる20代。


☆よく聴く音楽☆
Mr.childrenのあれこれ・・・最近だと 渇いたkiss ファスナーとか好き。
THE YELLOW MONKEYのあれこれ・・・楽園とかね。吉井ロビンソンさんのも好き。


☆愛する本達☆
基本的に渋好みかも(笑)
池波正太郎さんとか、柴田錬三郎さんとか・・・高校~大学時代に散々読んだなぁ。ぉまいは幾つだよw
菊地秀行さん「魔界都市ブルース①~⑨」←古いもの程面白い(笑)最近のはイ                    マイチw
福田恒存さんの著作、森茉莉さんのエッセイ、などなど。
最近頭使うの面倒くさくて、エッセイばっかり読んでますな。





Link

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.12.04 Sun某Aさんの記事を読んで

某Aさんのサイトから。
------------------------------------------------------------------------
キリマンジャロは最高6007㍍、雪に覆われた山で、アフリカの最高峰と言われている。
その西の山頂は、マサイ語で”ヌガイエ・ヌガイ”、神の家と呼ばれているが、
その近くに、干からびて凍りついた、一頭の豹の屍が横たわっている。
それほど高いところで、豹が何を求めていたのか、説明し得た者は一人もいない。
------------------------------------------------------------------------
上記の文を読んでくれた方、あなたはこの豹が何を求めていたと思いますか?もしくは……何を感じましたか?


とありました。
【キリマンジャロの雪】(著者:ヘミングウェイ)の一部分に関してだそうで。
不肖ワタクシ、ヘミングウェイの作品は一編も読んだことはございませんが。

上記の文だけ読んだかぎりの感想を一筆啓上。

今となっては屍骸となっている豹が、6000米を超える地にたどり着くことによって得たものは何か。

それは己れ以外の仲間、天敵からの開放。
そして、その他の生物すら殆ど存在しない世界。
即ち孤独。

エライ奴は高いところが好き、というけれど、
キリマンジャロ山頂は神の家と呼ばれているという。
この山頂に上り詰めることによって、
一匹の豹は、遥か天空から地上を見下ろす神の視点を得た。

おいらは、この豹を文字通りの「豹」とは考えずに、
やはり豹に比喩された人間と見た。

この豹は、地上の煩わしさから逃れようとしたのかもしれない。
一匹になれる場所を求めたのかもしれない。

もしくは、神の視点に憧れたのかもしれない。
「あの高い山から、下界を見下ろしてみたい」
その憧れが高まり、抑えきれなくなったのか。

おいらがぱっと想像したのがこの二点でした。


スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。